地方に移住して事業を開始するには

地方への移住と起業に役立つビジネスインフォメーションサイト

移住は地方の地域差やメリット・デメリットを念頭に

融資を受ける際にスタンダートな融資元である金融機関のうち、資金と資本という確かなバックボーンから信用性の高い日本政策金融公庫・銀行・信用金庫の三つは、金融機関の中でも群を抜いて融資元として優良であり、特に公共性の高い日本政策金融公庫と信用金庫融資は、融資においての最大のネックと言っても過言ではない利子が比較的低額で済むのみならず、返済期間にも比較的余裕があるなど、融資とは切り離すことのできないデメリットが小さくて済みます。

よって、新規に事業を立ち上げるに当たり、信用性の高い日本政策金融公庫・銀行・信用金庫の中でも、日本政策金融公庫と信用金庫は、地方に移住して事業を始める場合にも融資元として極めて有力ですが、低額の利子と比較的長めの返済期間という利点がある一方で、融資として借り受けることが可能な金額である借入金額は少額になる傾向が強く、多くの借入金額を要するなら、融資元として選ぶべきは借入金額の多い銀行でしょうが、新規事業者だと、銀行からの融資は保証機関による保証付融資にほぼ限られるでしょう。

ちなみに、地方においては地域振興を目的とした融資を行う地方銀行が利用でき、地方での起業や地方移転に際して有力な融資元となりますが、全国的に展開する都市銀行と比べ、事業内容に地域への貢献が見込まれる場合、審査が通りやすくなるものの、資本や資金の面で都市銀行には及ばないため、日本政策金融公庫や信用金庫と似たような傾向が見られるため、低利子と返済期間は期待できても、借入金額に過剰な期待はできません。